Column
コラム

  • home
  • コラム
  • マニュアル制作
  • 【マニュアル制作コラム:第4回】動画マニュアルを作成して、顧客満足度の向上を実現!

【マニュアル制作コラム:第4回】動画マニュアルを作成して、顧客満足度の向上を実現!

マニュアル制作

2018-05-09

動画マニュアル作成は、ユーザーの満足度向上につなげたり、サポートセンターへの問い合わせを減らしたり、製品・サービスのPRに利用できたりと、様々なメリットがあります。
100件以上の動画マニュアル作成の経験を持つ当社が、動画マニュアル制作のポイントについてご紹介します。

1. 動画マニュアル作成、成功のためのチェックポイント3つ

1-1 動画マニュアルのターゲットユーザーを明確にする

まず、マニュアル動画を視聴するユーザーがどのような対象なのかを明確にしておきましょう。製品・サービスを購入する前の見込み客にアピールするためのマニュアル動画であれば、プロモーションの要素を含めた動画が必要です。一方、製品・サービスを購入した後のユーザーに対してサポートを行うマニュアル動画であれば、コンパクトで操作が分かりやすい構成の映像作成が適切です。

1-2 動画マニュアルの作成方法を決める

動画マニュアルと一言で言っても、いろいろな種類があります。例えば、製品の操作マニュアル、取扱説明書としての動画であれば、コストを抑えるためにパワーポイント(ppt)のスライドアニメーションを採用する方法があります。
商品・サービスの機能説明やセットアップマニュアルなどを動画にするときには、CGを使った動画が分かりやすいケースが多いでしょう。CGは、BtoB向けの製品などで、通常は外側から見られない内部機構を動画で説明するときに効果的です。
商品・サービスの取り付けやセットアップ、施工、点検、教育、セールスなどのマニュアルで動画を使う際には、ゼロから映像を撮影する場合があります。撮影にはロケーションやモデル、数多くの撮影機材が必要になり、高いコストがかかります。

1-3 ビジュアル重視か、実用性重視かを決める

商品・サービスの優位性やアピールポイントを訴えかける動画マニュアル作成の場合は、高いビジュアル性や芸術性のある美しい動画を制作する必要があり、制作コストが高くなるのが一般的です。これに対して、コスト重視の動画マニュアルを作成するときには、映像の美しさよりも効率性を重視してシンプルな動画を作成することになります。目的に合わせて適した動画制作を行いましょう。

2. 動画マニュアルのメリット

2-1 動画によってマニュアルが分かりやすい、理解が深まる

動画マニュアルを作成することにより、紙や電子マニュアル(文章)では伝えきれない製品の動き(ランプの点滅表示や画面遷移など)を表現できます。また、効果音やBGMなどの音、ナレーションやテロップ(字幕)とともに、視覚と聴覚でマニュアルを確認できるので、閲覧時間の均一化が期待でき、理解が深まります。

2-2 動画マニュアルはブランディングにもつながる

動画マニュアルによって、セットアップなどトラブルになりやすい手順を分かりやすく説明できれば、サポートセンターへの問い合わせを減らせます。同時に、メーカー企業の信頼感醸成やブランディングにも役立ちます。

2-3 マルチデバイス(多媒体)でいつでも閲覧できる動画マニュアル

動画マニュアルは、PC・スマートフォン・タブレットなどデバイスを問わず、ユーザーが見たいときに視聴できるのが一つのメリットです。英語などの多言語切り替えもできるため、グローバルに展開する商品・サービスの電子マニュアル(eマニュアル)として、WebページやPDFに動画マニュアルを追加し、分かりやすさを高める企業も増えています。

3. 動画マニュアルの作成方法

動画マニュアル作成の流れは、まずどのような動画を制作するのか企画・構成したのち、絵コンテやテロップを含めた台本(シナリオ)を作成していきます。台本を元に撮影・録音など収録作業を行い、映像ができあがった後でナレーションを収録して編集します。

4. 動画マニュアルの成功事例

動画マニュアル事例(1)

農業支援製品メーカーのA社様では、取扱説明書では伝えにくいセットアップの詳しい方法を、動画マニュアルにしてしました。文字やイラストだけでは理解しにくいポイントを、分かりやすいアニメーションすることで、一度見ればセットアップの注意点や流れが理解できるようにしました。パワーポイント(ppt)で動画作成することにより、低コストで行えました。

動画マニュアル事例(2)

パソコン周辺機器メーカーのB社様では、ある製品のセットアップに関して、サポートセンターに問い合わせが多くなっていました。問い合わせ数を減らすため、初期設定の動画マニュアルを作成しました。配線の順番や、ランプの点滅などが動画マニュアルによって分かりやすく説明されるようになりました。取扱説明書(マニュアル)で使用した原稿や3D CADデータ、イラストなどを活用することで、低コストで制作できました。

動画マニュアル事例(3)

配線器具を製造するC社様では、新製品のアピールに動画マニュアルを作成しました。カタログだけでは伝わらない、操作性のよさや静粛性の高さをアピールできる動画になり、販売代理店などでも利用されるようになりました。また、カタログ作成も当社が担当していたので、カタログの写真やテキストを活用でき、制作がスムーズに進みました。

動画マニュアルは、多様なデバイスが普及する今、多くのユーザーと企業の双方にメリットをもたらします。当社では自動車関連、家電、工作機械、パソコン周辺機器などメーカーを中心に様々な動画マニュアル作成に携わってきました。ぜひ当社にご相談いただき、動画マニュアルに関するノウハウをご活用ください。


一覧へ戻る

トップ