Webサイト制作システム

  • home
  • 製品紹介
  • Webサイト制作システム

企業の情報発信を支える、シンプルで使いやすい
CMSでWebサイト制作・管理!

トータルコストダウンのための効率追求
顧客へ必要な情報が伝わる表現追求

Webサイト作成・更新は、今やあらゆる企業の情報発信に欠かせない重要な作業です。製品・サービス情報、事例紹介、採用情報など、最新の情報をWebサイトに掲載して更新できるCMS(コンテンツマネジメントシステム)は、すでに多くの企業で使われています。それでは、CMSはどのように選べばよいのでしょうか? CMSの基礎知識から選び方までをご紹介します。

WebサイトCMSの基礎知識
~企業の情報発信に欠かせないCMS(コンテンツマネジメントシステム)とは?~

CMS(コンテンツマネジメントシステム)とは、Webサイトを簡単に管理・更新できる仕組みです。htmlやCSS(スタイルシート)などのコーディングに関する専門知識やスキルがない初心者の方でも、CMSで文章や写真を入力していくだけでWebサイトを更新できます。
CMSツールを使えばWordを操作するような感覚で簡単にWebサイトを作成・編集でき、ページやメニューの追加・削除なども自動的に行えます。また、公開時間を指定できたり、コメントを管理できたりと様々な機能があるため、更新頻度の高い情報発信には欠かせないツールです。

多くのCMSは、次のような機能を備えています。

  • ・管理画面からWordで作成するイメージで、テキスト、画像をWebページに登録できる
  • ・ナビゲーションメニューやカテゴリー、リンクなどの項目が自動的に生成できる
  • ・画面の指示に従って情報を入れるだけで、テンプレートに沿ったWebページを新規作成できる
  • ・公開をタイマー予約でき、更新日時を予約できる
  • ・ユーザーの権限を制限できるので、多数の担当者で管理できる
  • ・Webページの更新履歴が保存でき、誰がいつ更新したのかが分かる

このような便利な機能があるので、CMSを使えば企業のWebサイト作成・更新が効率的に行えます。CMSがないWebサイトでは、テキストや画像を差し替えるためにWeb制作会社やWeb制作者に作業を依頼する必要がありますが、CMSがあれば様々な部署の担当者がそれぞれのページを更新できるようになるのでコスト削減につながります。日本語版以外の複数言語でサイトを構築する際にも、CMSで英語版や中国語版などの更新が容易になるのでおすすめです。

WebサイトCMSの選び方
~CMS選びは「無料か有料か」「高機能かシンプル機能か」がポイント~

CMSツールには無料で使えるものもあり、代表的なものとしてWordPress(ワードプレス)が挙げられます。使用料フリーのCMSは、導入時のコストを抑えたい場合に便利ですが、セキュリティー脆弱性に関して心配な点もあります。多くのユーザーに使われ、全世界で普及している無料CMSシステムはサイバー攻撃の対象になりやすく、最新のアップデートを行っていたとしてもデータ改ざんなどの攻撃対象となる危険性が高いと言えます。企業サイトのCMSとしては、無料のものではなく有料のものを選んだほうがセキュリティー面で安心です。

有料のCMSにも種類が様々あり、企業のニーズに合わせて、機能とコストのバランスを見ながら選択する必要があります。高機能なCMSはコストが高く、操作が複雑になりがちで、「導入したはいいが、あまり活用されていない」というケースも少なくありません。また、海外で開発されたか、日本国内で開発されたかという点もチェックするといいでしょう。海外で開発されたCMSは、英語から日本語に翻訳されたものが多く、CMSの機能に慣れていない人にとっては操作が分かりにくい場合があります。

Webサイト制作システム「KWIX WEB CMS」導入メリット
~デジタルマーケティングを強化できる、シンプル機能の国産CMS~

Webサイト制作システム「KWIX WEB CMS」は、必要な機能をコンパクトに備えた国内開発のCMSです。マニュアル作成・Webサイト作成に長年携わってきた株式会社クイックスが制作したCMSで、シンプルで操作性がよいのが大きな特長です。ホームページ更新業務担当者でなくても、Webブラウザを使って簡単に操作できます。「Webサイトのリニューアルに当たり、シンプルなCMSを導入したい」「自社のマーケティングに取り組みたいが、どこから手をつけていいか分からない」という企業におすすめのCMSです。

マルチデバイス化・情報化が急速に進む今、企業にとってデジタルマーケティングは必要不可欠になってきています。まずは、企業サイトで最新の情報(新商品・サービスのリリース、製品情報、イベント・セミナーのお知らせ、最新事例の紹介、採用情報など)を掲載して顧客との接触ポイントを増やし続けることが必要です。そして、適切なデジタルマーケティングで顧客体験(カスタマーエクスペリエンス)を向上させることが求められています。

当社は、お客様とビジネスの課題を共有し、Webサイト制作から更新、CMS運用や研修、分析までを見据えた提案を行います。デジタルマーケティングによる顧客ロイヤルティ向上を目指し、Webサイト制作システム「KWIX WEB CMS」を活用しながら、コンテンツ企画からデザイン制作、運用、情報の資産化、分析、次の企画までをトータルにサポート。Webサイトのコンテンツマーケティングだけでなく、会社案内や事例集、製品チラシ、カタログなど紙媒体の印刷・物流や、展示会・セミナーの運営支援も行えるため、お客様のマーケティング強化に貢献できます。ぜひ当社の知識とノウハウをお客様のビジネスにご活用ください。

  • 市場・ターゲット キーワード調査 関連キーワード 共起語調査
  • 自社サイト分析 Search Console分析 Google Analytics分析 検索順位調査・分析 コンテンツ調査
  • 競合先 サイト順位 内部コンテンツ サイト流入数 強みの把握

Webサイト制作システム「KWIX WEB CMS」の基本機能

機能

詳細

トピックス管理

最新情報やニュースを更新

コラム管理

ビジネスコラムや社員ブログ記事などを更新

よくある質問(FAQ)管理

お客様からのよくある質問と回答を更新

メールフォーム・アンケートフォーム

お問い合わせやアンケートのフォームを自由に作成でき、回答データを蓄積し管理が可能

コンテンツ管理

製品の導入事例や成功事例、ノウハウや技術情報などのコンテンツを管理

会員限定コンテンツ管理

会員登録機能ユーザーだけが閲覧できる限定コンテンツを管理

メールマガジン(メルマガ)配信

会員登録したユーザーにメルマガを配信

製品情報管理

商品詳細情報(商品説明、スペック、画像、品番、仕様など)を管理。CSVデータでのアップロード・ダウンロードが可能

チラシ自動組版機能

コンテンツを印刷用に自動レイアウト。導入事例・成功事例集や、製品チラシを簡単に作成可能

Webサイト制作システム「KWIX WEB CMS」導入までの流れ

まず、お客様にヒアリングをして現状分析と課題抽出のプロセスから入り、CMS構築・導入を含めたホームページやコンテンツ企画、ゴール設定を行います。その後、実際の制作フェーズに入り、コンテンツ設計・制作、CMS導入・運用、効果測定を行います。そのデータをもとに、次の企画提案へとつなげるPDCAのフローを回していきます。お客様企業ごとに専任の営業担当とディレクターがつき、制作やマーケティングに関するあらゆるご相談をお受けしてサポート。企画やCMS導入から運用までトータルでお任せいただけます。お客様のニーズに合わせて、紙媒体での情報発信などを含め、WEBとの相乗効果が期待できる総合的なマーケティング企画を行えますので、まずはお気軽にご相談ください。

目標設計 HTML設計 解析設計 制作 運用・効果測定 改善施策実施

※制作期間は、サイトの仕様によって変わります。

Webサイト制作システム「KWIX WEB CMS」活用方法

① 計画する ② 集める ③ 届ける ④分析する

Webサイト制作システム「KWIX WEB CMS」動作環境・保守

(1) PCクライアント推奨環境(ユーザー)

  • ・対応OS:Microsoft Windows 7/8/10
  • ・対応ブラウザ:Internet Explorer11、GoogleChrome最新版、Firefox最新版

(2) スマートフォンクライアント推奨環境(ユーザー)

  • ・対応OS:iOS、Android(システムリリース時の最新バージョン)
  • ・対応ブラウザ:各OS に搭載されている標準ブラウザ

(3)管理者クライアント推奨環境

  • ・対応OS:Microsoft Windows 7/8
  • ・対応ブラウザ:Internet Explorer11、Google Chrome最新版

トップ