販促ツールの「カイゼン」しませんか? 製造業のみなさんに読んでいただきたい、これからの販促ツールのこと

カタログやWebサイト、どのようにつくっていますか?

突然ですが、質問です。

貴社の製品を紹介するカタログやWebサイトはありますか?

ほとんどの方の答えは「イエス」でしょう。製品をつくっている会社であれば、その製品のカタログを作成し、Webサイトで公開するのは「当たり前」のことですよね。

では、

効果が測れて、年々スパイラルアップしていけるカタログやWebサイトですか?

この答えはどうでしょか?「もう、仕組みができている」「取りかかっている」という方もいれば、「理想だけど、どうやればいいかわからない」という方、「まったく考えたこともない」という方、いろいろな答えが返ってくると思います。
特に製造業などのB to B(企業間取引)市場の場合には、代理店販売をしているなどの理由で、直接、購入者や利用者の反応まで取得できておらず、どう「カイゼン」していいのかわからず、カタログも例年どおり作り、Webサイトも積極的な情報発信ができていないという企業が多いのが実情だと思います。

販促ツールは戦略ストーリーが必要

今や、ネットの情報量は他の媒体を圧倒しており、まずはWebで検索してみるというのが当たり前となりました。GoogleやYahooで検索して上位に表示されれば、興味を持った有望顧客と簡単につながることができます。逆に表示されなければ、有望顧客を逃してしまう可能性もあるのです。

製造業の技術者の方も新たな製品を探すとき、あるいは新たな情報を得たいとき、従来からの展示会などのリアルな場に加え、まずWebサイトで検索することから始めるという方も多くなっています。さらに、B to B市場の場合は、製品検討に時間をかけるため、Webサイトや展示会で目星をつけ、カタログ・資料を請求し、営業を呼んで直接話を聞くという形でつながっていきます。

戦略ストーリー

つまり、B to B市場では、これからますます、Webサイト・カタログ・営業ツールは戦略ストーリーを持ってつくる必要性が出てくるのです。また、それらが戦略どおりに顧客に伝わっているかどうかをチェックし、改善していくことが重要なのです。

製造業のみなさんには、聞きなれた言葉でしょう。そう、販促ツールにも「PDCAサイクル」を回して「カイゼン」していくことが必要ということなのです。

「PDCA」サイクルが回せる販促ツールをどのようにつくるのか?

「PDCAサイクル」が回せて「カイゼン」できるカタログやWebサイトは、どのようにつくればいいのでしょうか。

クイックスの販促ツールの作り方

まずは貴社のカタログやWebサイト、その他の販促ツールを見直してみてください。

見直し項目

いかがでしょうか? 担当の方は、ぜひこれらのことを意識して販促ツールづくりに取り組んでみてください。
貴社の製品の売れ行きも変わってくるかもしれませんよ。

やっぱり、実積あるプロの目から見て欲しいという方は…

クイックスでは上記の内容を踏まえ、販促ツールを検証する
「カタログクリニック」「Webサイトクリニック」無料で行っています。
印刷物として、Webとして必要なチェックポイントはもちろん各メディアがうまく連動できているかもチェックし、
改善ポイントをご提案いたします。

カタログクリニック・Webサイトクリニック

まずは、お気軽にお問い合わせください。

052-871-9190

メールでのお問い合わせ